門戸が大きいことが自慢です

門戸が大きいことが自慢です

家の印象を決めるものの一つとして、玄関よりも門戸があります。門戸というのは、そのままつけずにいることもできますが、それだとやっぱりちょっと無用心と思ったりしています。家と道路の区切りというのが、門土がなかったらうやむやになってしまうおそれがあるからです。そうなると防犯上も、少し問題と思うことがあります。家が道路に面しているので、その点ではやっぱり門戸を付けることが妥当ですね。

そしてどんな門戸にしようかと悩んだ結果、少し大きめのものとすることにしました。それはもちろん塀とのバランスを考えて大きさを選んでいます。大きい門戸であると、まずメリットとして目隠しになります。外を歩いている人から見えにくいのです。新聞を取る時にも、外の人から見えにくいので、安心して取り出すことができました。

また簡単に開けることが出来ると、それも防犯上心配です。2箇所の鍵のかかる門戸としています。その結果、安心して暮らすことができています。

コメントは受け付けていません。