ものすごく定番な意見でしょうけれど、輸入住宅や注文住宅でマイホームを建てるのでしたら、「収納」にはこだわった方がいいですよ。いや、「収納にこだわる」というよりは、「収納の数を多めに作っておく方がいい」と言う方が適切でしょうか。とにかく収納は数が多い方が何かと便利だというものです。

まず、収納が多いと「見た目」がスッキリしますからね。いくら「ディスプレイ上手だから」とか、「整理整頓には自信があるよ」などと言いましても、やっぱり「しまう」ことと比べましたら、見た目の印象はガラリと違いますからね。

こう言ってはなんですけれど、「ステキなインテリア」はやはり「ごちゃごちゃしていないインテリア」なんですよ。物が出ていない方がインテリアはスッキリとした印象になりますから。オシャレなインテリアを実現したいのならば、「しまう」ことです。

輸入住宅でも見られるような海外の家が、スッキリとしていつもおしゃれなのは、収納が多いからです。もちろん輸入住宅の全てに当てはまるわけではありませんが、海外の家には地下室や屋根裏部屋が収納として活用されているところが多々あります。

そしてだからこそ、「収納」が重要だというわけなのです。収納があればしまえますからね。けれど、「しまえればいい」というわけではありませんよ。スッキリとした室内においてのポイントとなってくるのは「扉」です。

輸入住宅を建てたら飾りたくなるような大きなクリスマスツリーも、収納がなければ飾ることは出来ません。必要なのはスペースです。

棚ではいけないのです。目隠し効果をもたせることが「ステキなインテリア」のポイントなのです。ですから収納には扉をつけるべきだと思っています。半透明のアクリル引き戸でもいいでしょう。ロールカーテンでもいいでしょう。収納に「目隠し」をすることによって、ずいぶんと印象が違いますから。

そして、「収納」の数自体もそうですけれど、自分好みの収納という点を考えても、やはり「注文住宅だからこそ」だと思うのです。輸入住宅や注文住宅でマイホームを建てるのでしたら、もはや当たり前のことでしょうけれど、収納に関しても自由自在ですからね。

壁一面収納にしても、床下収納にしても、一室パントリーにしましても、はたまた最近注目の土間収納にしましても、輸入住宅や海外の家のような屋根裏部屋や地下室にしても、施主の希望で収納を作っていけるのですから。「収納」という部分だけを見ましても、注文住宅に魅力を感じる人が多いことにも納得です。

そしてだからこそ、輸入住宅や注文住宅でマイホームを建てるのでしたら、収納にこだわらないと損だと思うのです。収納は多めに作っておいて損はないものですから。

PR|健康マニアによる無病ライフ|心の童話|お小遣いNET|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|サプリメント|マッサージのリアル口コミ.com|貯蓄|生命保険の口コミ.COM|住宅リフォーム総合情報|オーディオ|初値予想|お家の見直ししま専科|家計見直しクラブ|GetMoney|工務店向け集客ノウハウ|